晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

13人目はあなたです。 「鎌倉殿の13人」 第27回『鎌倉殿と十三人』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第27回『鎌倉殿と十三人』


あらすじ

土御門通親(関智一)から源頼朝(大泉洋)の死を知らされ、思案する後鳥羽上皇(尾上松也)。
鎌倉では宿老たちが居並ぶ中、新たに鎌倉殿となった源頼家(金子大地)が自身の方針を表明。
これに北条時政(坂東彌十郎)と比企能員(佐藤二朗)は共に困惑し、梶原景時(中村獅童)は賛辞を贈る。
その様子を政子(小池栄子)に報告した義時(小栗旬)は、
弟・北条時連(瀬戸康史)と愛息・頼時(坂口健太郎)を頼家のもとへ送り出し……

www.nhk.or.jp

感想

次の鎌倉殿を支えるために、
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

蹴鞠探偵

頼朝の死の一報は後鳥羽上皇にも届きます。
後鳥羽上皇はさまざまなな憶測を元に、死因を推理していきます。
暗殺。事故。
以前上洛したときの頼朝の様子を思い出します。
飲水の病からめまいを発生し、落馬と推理します。

つながった。
後白河法皇を敵に回してはいけないようです。

東武者と若君

頼家は力のある者を登用していくと宣言します。
しかし現実には一条高能や文覚の処遇、
終わらない山積みの訴状、
和田義盛と景時が侍所別当争いをしたり、
正室側室がマウントを取り合ったりと、問題が続出します。

義時は頼家を支えるために、
大江広元三善康信中原親能二階堂行政の文官4人と景時による5人を推挙します。

はるか以前、坂東で挙兵する前に、
義時は頼朝に「一番頼りにしているのは実はお前なのだ」と言われました。
それから今まで義時は、頼朝を支え(振り回され)てきました。
しかし頼家と義時に、まだ信頼関係がありません。
頼家にすれば、義時は母の弟であり父の家臣の1人なのかもしれません。

源範頼が亡くなり、全成が権力から距離をとったことで、
頼朝の兄弟たちは、もう鎌倉の中枢にはいません。
東武者たちのロビー活動により、比企と北条に大きく分けていきます。
そして政子は、義時に頼家を支える者たちに加わるよう命じました。

鎌倉殿の13人と6人

大江広元三善康信中原親能二階堂行政
八田知家比企能員安達盛長足立遠元梶原景時
三浦義澄、和田義盛北条時政、そして北条義時
13人が訴訟取り次ぎを行うことを頼家に伝えます。

そこで頼家は自身で選んだ6人を呼びよせます。
小笠原弥太郎長経、比企三郎宗朝、比企弥四郎時員、中野五郎能成、北条五郎時連、北条太郎頼時(江間太郎)

頼家と懇意にしていた梶原景時が困惑し、
義時は冷静に頼時を見ています。
新しい鎌倉で13人衆に加わった者たちと、
加わらなかった者たちは
これからどうなるのでしょうか。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

蹴鞠(けまり・しゅうきく)
勝敗を競うのではなく、優雅さを楽しむ
www.okeihan.net

蹴鞠の名手・藤原成通
rekisi-daisuki.com

藤原成道は蹴鞠上達のために五十回以上も熊野詣したらしい。
www.hongutaisha.jp

八咫烏(やたがらす)
kumanonachitaisha.or.jp