晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

頼朝の子だからな、何朝にしようかのう。 「鎌倉殿の13人」 第32回『災いの種』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第32回『災いの種』


あらすじ

奇跡的に息を吹き返した源頼家(金子大地)。
しかし後鳥羽上皇(尾上松也)のもとには頼家危篤の報が届き、後鳥羽は考えを巡らせる。
鎌倉では、政子(小池栄子)のもとに義時(小栗旬)、泰時(坂口健太郎)らが集まり、新たな体制について話し合っていた。
そんな中、一人で思いにふける比奈(堀田真由)。
一方、先を見据えるりく(宮沢りえ)は時政(坂東彌十郎)に京との関係をより深めるように説き、
愛息・政範(中川翼)も胸を高鳴らせる。そして、三浦義村(山本耕史)は……

www.nhk.or.jp

感想

時を戻そう。ぺこぱ松陰寺のようにはいかず、
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

信じられる人がいない

奇跡的に回復する頼家ですが、
比企家が滅亡し、一幡が行方不明になるという、
あまりに厳しい現実を知ります。
実母の政子にも厳しく当たります。
「離せ!近寄るな!出ていけ!北条をわしは絶対に許さん!
お前もだ!出ていってくれ、お願いだから・・・」

情報には時差があり、
京で後鳥羽上皇が次の鎌倉殿の元服名を考えます。
「頼朝の子だからな、何朝にしようかのう」
千幡は源実朝に決まり、後鳥羽上皇命名しました。

政子の元には義時や泰時たちが集まり、
次の体制について話し合いが続きます。
北条家ではりくが、時政に京との結びつきを強くするよう迫ります。
これからの鎌倉殿に目が行って、いまの鎌倉殿の頼家は置いてけぼりです。

信じる人がいなくなる

「2人とも戦に強く、忠義者で、ばか、ずをふんでいる」
あいかわらず三浦義村は正直な毒舌家です。
その、ばかずを踏む2人こと和田義盛仁田忠常は、
頼家から北条時政の首を取れと命令されます。

仁田忠常北条時政の命で比企能員を殺害しました。
相談したくても義時は忙しいからと断られ、
そして板挟みの末に仁田忠常は自害しました。
義時は仁田忠常の死を使って頼家を非難し、
伊豆の修善寺に送ることを決めました。

比企家の娘である比奈は義時に離縁を申し出ます。
「同じぬくもりなのに、おかしなものですね。
あの時と何も変わらないのに。
けじめけじめ。
ここで失礼します。
いってらっしゃいませ」

おかえりなさいの八重さんと、
いってらっしゃいの比奈さん。
2人のいない北条家は、義時の帰宅と出発を見送る場所ではなくなりました。

行方不明の一幡は善児が預かっていました。
善児は一幡を通して人の感情に気づき、
手を出すことができなくなっていました。
義時が手を下さないように、トウが一幡と共にこの場を離れます。
「トウと水遊びをしましょう」
かつて善児が千鶴丸を水に沈めたように、
トウによって一幡は同じ運命をたどるのです。

信じられる人と信じられない人

千幡改め源実朝
新しい鎌倉殿の乳母は実衣です。全成はもういません。
実衣は赤い召し物を着ています。
全成がよく似合うとほめてくれた赤い色。
源氏には不吉な色の赤い色。

気づけば義時は勝つためには手段を選ばない人になりました。
義時は、どうしてこうなったのだろう。
最善を尽くすため、ならざる得なかったのか。
あるいは、坂東武者の血がそうさせるのか。
義時は鎌倉殿よりも祖父の伊東祐親に似てるようで・・・。

信じる
sakura-paris.org

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

頼家が鎌倉を出ました。
曹洞宗修善寺
shuzenji-temple.com

お寺ではどのように過ごすのでしょうか。
出家について
曹洞宗智源寺
www.chigenji.com

なんかすごいことがしれっと書いてありますね・・・。

鎌倉殿の13人
大江広元 三善康信 中原親能 二階堂行政
八田知家 比企能員 安達盛長 足立遠元 梶原景時
三浦義澄 和田義盛 北条時政 北条義時