晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

大阪南港ATCで開催の「テオ・ヤンセン展」に行ってきました。

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

テオ・ヤンセン展に行ってきました。


(目次)

テオ・ヤンセン

www.mbs.jp


www.youtube.com

大阪会場

場所は大阪南港ATC Gallery (ITM棟2F)

電車:Osaka Metro中央線本町駅からコスモスクエア経由で約18分
もしくはOsaka Metro四つ橋線住之江公園駅から約16分
トレードセンター前駅下車直結

開催期間

2022年7月9日(土)~9月25日(日)
10:00~18:00(入場は17:30まで)

あと1週間です。お早めに。

料金

一般 1,600円
大学生・高校生 1,100円
小・中学生 600円
心身に障害のある方の介助者は1人まで無料(ご本人は有料。要証明)

当日券は会場でも購入できますよ。

ローソンチケット
Lコード:54781
l-tike.com

セブンチケット
セブンコード:094-868
7ticket.jp

テオ・ヤンセン

1948年 オランダ・スフェベニンゲン出身
1968年 デルフト工科大学で物理学を専攻
1975年 画家に転向
1990年 ストランドビーストの制作開始
2006年 ストランドビーストを使用したBMWのCMが南アフリカで放映

公式サイトより
theojansen.net

似つかない経歴なのに動植綵絵伊藤若冲みたいだなと思いました。
伊藤若冲は40歳ごろに家業の八百屋を弟に譲り、画家として活躍したので。

「テオ・ヤンセン展」テオ・ヤンセンさんが展示解説 大阪

www.youtube.com

ストランド(砂浜)ビースト(生命体)

プラスチックチューブ(塩ビ管)の骨、
炭酸水用のペットボトルの胃袋、
ウレタンチューブの血管、
骨を固定する結束バンドで構成された生命体です。

脚を構成する各チューブの長さの比率には、
ホーリーナンバー(聖なる数)という13の数字で表されます。
脚の各部分が往復運動や円運動をすることで歩きます。

基盤となる物理工学に神の導きが現れたことで、
生命体として世に生まれました。

春から夏にかけてオランダの海岸に生息し、
風を食べて電気を使わずに動きます。

進化を続ける生命体

ストランドビーストの名前はラテン語
英語で動物を意味するanimal(アニマル)
ラテン語で海を意味するmare(マーレ)を
組み合わせたanimaris(アニマリス)が名前の最初に表記されます。

アニマリス・オルディス
セレブラム期(脳の時代)
実際に動かすことができます。
重そうだと思ってたら軽く動きます。


アニマリス・ペルシピエーレ・プリムス
セレブラム期ペルシピエーレ族(脳の時代・知覚)


アニマリス・ペルシピエーレ・エクセルサス
セレブラム期ペルシピエーレ族(脳の時代・背が高い)
今は化石状態で会場近くの高い場所に展示されてます。発見したらラッキーです。


アニマリス・プラウデンス・ヴェーラ
アウルム期(微風の時代)
とても大きくて驚きました。
実演もありましたが、会場がせまいので少ししか歩いてくれませんでした。
外でたくさん歩くところを見たかったな。

アニマリス・ウミナミ
ブルハム期(キャタピラの時代)

キャタピラ型のビーストはホーリーナンバーを持たず、
丸く折りたためるためます。
NASAはこの構造を惑星探査に活用できないか検討しているらしいです。
ストランドビーストが宇宙で活躍する日もそう遠くないかも。

繁殖

同じ遺伝子による複製と、ネットの拡散により、
ストランドビーストは生き延びていきます。

ということで、動画をとりました。
しっぽふりふり。
アニマリス・アデュラリ
アスペルソリウム期(尾を振る時代)

さらにミニビーストとウミナミをお迎えしました。
作れるかなあ・・・。

コロナ第7波真っ只中ですが、
感染対策を怠らず楽しんできてください。