晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

戦など誰がしたいと思うかー! 「鎌倉殿の13人」 第36回『武士の鑑』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第36回『武士の鑑』


あらすじ

深まる北条時政(坂東彌十郎)と畠山重忠(中川大志)との対立。
りく(宮沢りえ)を信じる時政は、源実朝(柿澤勇人)の下文を得て御家人を招集。
三浦義村(山本耕史)、和田義盛(横田栄司)、稲毛重成(村上誠基)らが集い、対応を協議する。
一方、手勢を率いて鎌倉を目指す重忠。
板挟みとなった義時(小栗旬)は、政子(小池栄子)、時房(瀬戸康史)らと事態の収拾を図る。
そんな中、父・義時を心配する泰時(坂口健太郎)は……

www.nhk.or.jp

感想

畠山重忠が視るのは未来の鎌倉。
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

どうしてこうなった

どういうわけか畠山重忠が謀反を起こしたという流れになり、
北条方は挙兵することになりました。
息子の畠山重保を人質にするため由比ヶ浜に誘い出しますが、
重保が強く抵抗したため三浦義村和田義盛が倒します。

りくは息子が殺されたのは重保のせいだと決めつけ、
早く討ち取ってほしいとせっつきます。
しかし時政は戦を知らないりくに強く当たります。
「腹をくくった兵がどれだけ強いか、お前は知らんのだ」

義時はこの戦の大将につきます。
あまり戦は好きでない義時が上に立つことは、
重忠の頼みに応えることになります。
「政を正しく導くことができぬ者が上に立つ。
あってはならぬこと」

そんな中で足立遠元が所領に戻ることを決めました。
鎌倉は、ほのぼのと会話ができる場所であり、
ささいなきっかけで謀反人が生まれ、制圧する場所でもあります。

決着

「戦など誰がしたいと思うかー!!」
重忠は覚悟を持って戦いにむかいます。

以前に重忠は義時との会話で強い決意を見せてました。
私を侮ってもらっては困ります。一度戦となれば一切容赦はしない。
相手の兵がどれだけ多かろうが、自分なりの戦い方をしてみせる。

重忠が鏑矢を放ち、決戦の火ぶたは切られました。
やがて、
重忠と義時の一騎打ちからの殴り合いに発展します。
義時は馬上から重忠に飛びつき、2人とも馬から落ちる。
刀を折り、殴る、蹴る。
うわああああ。
うわあああああ。
信念のこもった殴打は、殺された者の悲しみでしょうか。
上総介広常源義経梶原景時源範頼比企能員源頼家、一幡・・・。
彼らに死を与えたのは・・・。

畠山重忠は義時を倒し、そして、討たれました。

覚悟

義時は大江広元八田知家と密談します。
大江殿は重忠を惜しむ坂東武者たちの怒りを、
他の者に向けて罪を押し付けることを提案しました。
鎌倉殿の13人は荒くれ者の武士よりも、
頭の切れる文官たちの方がおそろしいかもしれません。

理不尽に稲毛重成を打ち首にしたことで、
御家人たちの心はさらに時政から離れることになりました。

実朝は花押を書いてしまったことの罪の重さに落ち込みます。
政子を執権と同じ立場にすることは、
時政を執権から降ろすための準備です。
次の執権を狙うために義時が仕組んだと思われないために。
義時は疑惑はどこから広がるか知っています。
「すべて頼朝さまに教えていただいたことです」

時政は畠山重忠の首桶を見ることを拒み、
自分がしでかした罪から逃げました。
義時は、冷たく言い放ちます。
「全てご自分のまかれた種とお思いください」

畠山重忠は義時に、これからの鎌倉を託しました。
鎌倉のその先を視た重忠と、
同じ景色を視る覚悟を持つことでもあります。
鎌倉のためとは便利な言葉だが、
本当に、そうなのだろうか。
本当に、鎌倉のためを思うなら、
あなたが戦う相手は。

恐ろしい人になった義時が戦う相手は、
目の前にいる・・・。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

畠山重忠
木曽義仲を討った宇治川の戦いに参加する。
serai.jp

源平合戦では源義経について搦手をつとめる。
https://www.touken-world.jp/tips/79168/

一ノ谷の戦いのときの鵯越では馬を損ねてはならずと、
馬を守るため背負って坂を駆け下る。
www.yoritomo-japan.com

静御前白拍子を舞う際、銅拍子を打つ。
tamaki-sunny-cloudy.hatenablog.com

武勇の誉れ高く、清廉潔白な人柄で「坂東武士の鑑」と称された。


鎌倉殿の13人
大江広元 三善康信 中原親能 二階堂行政
八田知家 比企能員 安達盛長 足立遠元 梶原景時
三浦義澄 和田義盛 北条時政 北条義時