晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

手の届くところに大きな力があるなら、奪い取りなさい。 「鎌倉殿の13人」 第38回『時を継ぐ者』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第38回『時を継ぐ者』


あらすじ

激しさを増す北条親子による主導権争い。
北条時政(坂東彌十郎)とりく(宮沢りえ)は、
三浦義村(山本耕史)に命じて源実朝(柿澤勇人)を屋敷へと連れ込み、
鎌倉殿の座を娘婿・平賀朝雅(山中崇)へ譲るように迫る。
対する義時(小栗旬)は、泰時(坂口健太郎)、時房(瀬戸康史)、
八田知家(市原隼人)らを引き連れ、時政の屋敷を包囲。
攻め込む機会を慎重に見定めていた。
張り詰めた空気が鎌倉を覆う中、政子(小池栄子)は……

www.nhk.or.jp

感想

義時が戦う相手は、目の前にいる・・・。
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

窮地

時政は実朝を軟禁したことを謝罪し、解放します。
「鎌倉殿の芯の強さ、感服いたしました。
いずれは、頼朝様を超える鎌倉殿となられます」
そして義時へ伝言します。
「あとは託した。北条を、鎌倉を引っ張っていくのは、おまえだと」

政子は館に攻め込む義時たちに頭を下げます。
「子が親を殺すようなことだけはあってはなりまぬ。
わたくしは娘として、父の命乞いをしているのです」

やがて、
実朝は時政の処分を軽くするように頼み、
三善康信は時政の功績を強く訴えます。
義時と文官との協議の上、
時政は髪を落として出家し伊豆へ流刑が決まります。
りくも伊豆へ流刑となりました。

別離

義時は時政に話します。
「今生の別れにございます。
父が世を去るとき、私はそばにいられません。
父の手を握ってやることができません・・・。
あなたがその機会を奪った。
お恨み申し上げます」

時政はうぐいすの話をします。
伊豆と鎌倉で離れても、
義時が辛い時に頼れる存在で、
心の支えとなりたい父の願いでしょうか。
うぐいすは、普段は地鳴きのジャッジャジャジャと鳴きます。
ホーホケキョとさえずるときはオスが求愛のときです。
時政はりくのために、無理をしていたのかもしれません。
www.suntory.co.jp

りくは政子と実衣との思い出話で、
自分も鎌倉の人になっていたと気づかされました。
義理の母として子供たちと距離を取っていたようですが、
積み重ねた思い出は人を変えていくのです。

りくの世話係として潜入したトウは、
三浦義村に気づかれてしまいます。
おれの女になれと、命の危機であっても三浦義村はマイペースです。

りくは義時をたきつけます。
「意気地がないのね。
手の届くところに大きな力があるなら奪い取りなさい。
何に遠慮しているのです。あなたはそこに立つべきお人」

義時
「父上と義母上の思い、私が引き継ぎます。
息子からのはなむけです」

2代目執権になった義時は、
鎌倉殿の座を狙ったとして平賀朝雅を討ち取ります。
やがて、後鳥羽上皇にも義時が知られることとなります。

2代目執権 北条義時
その道は、平穏か波乱か。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

源頼家の子供たち
妻 若狭局(ドラマでは、せつ)
一幡 比企能員の変で北条氏に殺害される。

妻 辻殿(ドラマでは、つつじ)
公暁 源実朝暗殺を実行した直後に討たれる。

妻 一品房昌寛の娘
栄実 泉親衡の乱で擁立されるが自害する。
禅暁 北条氏の刺客によって殺害される。

妻 源義仲の娘
竹御所 藤原頼経の御台所。


鎌倉殿の13人
大江広元 三善康信 中原親能 二階堂行政
八田知家 比企能員 安達盛長 足立遠元 梶原景時
三浦義澄 和田義盛 北条時政 北条義時