晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

御家人であろうと西の者であろうと、鎌倉の敵は俺が討ち取る。 「鎌倉殿の13人」 第40回『罠と罠』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第40回『罠と罠』


あらすじ

閑院内裏の修復を計画する後鳥羽上皇(尾上松也)は、
鎌倉に引き受けさせるという藤原兼子(シルビア・グラブ)の進言に心を躍らせ、慈円(山寺宏一)と共に笑みを浮かべる。
一方、京から知らせが届いた鎌倉では、重い負担に御家人たちが反発。
源実朝(柿澤勇人)からも慕われる和田義盛(横田栄司)が旗頭となり、
八田知家(市原隼人)らが集う状況を、義時(小栗旬)が苦々しく思っていた。
そんな中、信濃で一つの事件が起こり……

www.nhk.or.jp

感想

義時暗殺計画。
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

泉親衡

義時の暗殺を計画した泉親衡は、信濃御家人のようですが、
大江広元が調べても正体が分かりません。
背後に後鳥羽上皇がからんでいると推測します。
いささかにおいますな。西からの雅なにおいが・・・。

泉親衡に誘われた鎌倉の御家人は義盛の息子たちで、
鎌倉では4男の和田義直、5男の和田義重、甥の和田胤長を捕らえます。
胤長を陸奥流罪とし、赦免のために集まった和田一族の目の前で連行しました。
さらに胤長の館を没収します。

義時は和田義盛が謀反をおこして挙兵するように、次々と策を出していきます。
和田家の滅亡を狙っているようです。

我が家に伝わる秘策

和田義盛と懇意にしている実朝は、話し合いの場を設けたいと政子に頼みます。
政子は和田殿に北条家に伝わる秘策を与えます。
それは・・・女装・・・。
過去には源頼朝と源義高が被害者もとい難局を乗り越えようとしました。ちなみに1勝1敗。
今回は鎌倉殿への潜入です。
実朝、義時、義盛の話し合いは、実朝の説得により戦は回避されました。

最も頼りのなる男が最も恐ろしい。

和田義盛の帰りが遅いことに、三男の朝比奈義秀たちは不安になります。
そして御所に攻め入ると決断します。
巴御前は和田家を裏切らないようにと、
三浦義村八田知家ら助っ人たちに起請文を書かせました。

かつて上総介広常に憧れた義時と、
今も憧れ続けている義盛の違いなのでしょうか。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

和田義盛
【鎌倉殿の13人】和田義盛とは?和田合戦や乱、生涯を徹底解説!
souken.shikigaku.jp

北条に反旗「人気者・和田義盛」と西郷隆盛の共通点
toyokeizai.net


鎌倉殿の13人
大江広元 三善康信 中原親能 二階堂行政
八田知家 比企能員 安達盛長 足立遠元 梶原景時
三浦義澄 和田義盛 北条時政 北条義時