晴れたり、曇ったり。

ゆるゆると生きる道を模索してます。

出でていなばぬしなき宿となりぬとも軒端の梅よ春を忘るな 「鎌倉殿の13人」 第45回『八幡宮の階段』

こんばんわ
本日も20時に更新できました。たまきです。

土曜日は大河ドラマの感想です。


(目次)

鎌倉殿の13人 第45回『八幡宮の階段』


あらすじ

京から大納言ら公卿を招き、鶴岡八幡宮で盛大に執り行われる源実朝(柿澤勇人)の右大臣拝賀式。
泰時(坂口健太郎)が警固をする中、公暁(寛一郎)は門弟と共に木の陰に潜んでいた。
御家人たちに交じり、状況を静観する三浦義村(山本耕史)。
今後の鎌倉と自身の命運を賭し、儀式を見守る義時(小栗旬)と時房(瀬戸康史)。
式を終えて楼門から出てきた実朝を公卿と源仲章(生田斗真)が迎えて整列すると、牡丹雪が降り積もる中……

www.nhk.or.jp

感想

命を狙われていたのは鎌倉殿、義時・・・。
義時の苦労が絶えません。
おおもう・・・。

実朝

右大臣拝賀式が終わり、八幡宮の階段で悲劇が起きます。
大銀杏の陰に潜んでいた公暁が、太刀持ちを斬りつけます。
太刀持ちは予定では義時のはずでしたが、
直前で源仲章に変更となっていました。

実朝は歩き巫女から「天命に逆らうな」と言われていたこともあり、
公暁が斬りつけられたときも、天命を受け入れたようでした。

公暁

阿闍梨公暁、親の敵を討ったぞ!
声明文を血に染まった実朝の上に落とし、読めなくなります。
公暁は警備の兵から逃れ、三浦義村の元へ走ります。

時房は義時に話します。
兄上は天に守られているようです。
かつての頼朝のように、義時も天に守られるようになったのでしょうか。

公暁は政子の元へ走り、
実朝が持っていた鎌倉殿である骸骨を手にしていました。
しかし味方だと思われた三浦義村により命を奪われました。
3代目の実朝、4代目の公暁
鎌倉殿はこの世からすべて消え去りました。
4代目は私です。忘れないでください。

義時

三浦義村は義時に追いつめられ、謀略を白状します。
親友の義時には軽口をたたき、言葉で周りを翻弄していきます。
この先も三浦一門、鎌倉のために身命を賭して、働く所存にございます。
馬から落ちないように気をつけるんだな。
俺はその場で、あいつを殺していたよ。
三浦義村の本心はどこに。
mantan-web.jp

泰時は義時の暴挙に対し対決する姿勢を見せます。
私がそれを止めてみせる。
あなたの思い通りにさせない。

のえさんは義時の無事を喜びます。
しかし義時はのえさんに冷たくあたります。
義時にすれば源仲章によってボロがでることに不安があり、
他の御家人と同じように消そうとさえしてました。

政子は孫と息子を亡くし鎌倉を離れようとしますが、義時に止められます。
闇を断つために、あなたはなにをなされたか。
我らは一心同体。これからも。

逃げることができなくて、闇に落ちた義時。
三浦義村は、のえさんは、政子は、もはや逃げることも許されない。

そして仏師の運慶に、自分に似た仏像を作らせようとします。
運慶はいままでに、さまざまな方からの依頼をこなしてきました。
作品が気に入らないと脅されこともあったかもしれません。
今回はアシスタントを使うなと脅されました。

神仏と一体となったと意味する仏像は、
頼朝越え宣言にも受け取れます。

今週の鎌倉殿どうでしょう(仮)

ドラマの本編に関係あったりなかったりする、ほのぼのコーナーです。
タイトルは(仮)も含めてます。

黒幕の存在が囁かれる「実朝暗殺」事件
www.rekishijin.com

【深掘り「鎌倉殿の13人」】源実朝暗殺の本懐を遂げた公暁が、三浦義村に殺された本当の経緯
news.yahoo.co.jp

鶴岡八幡宮
kamakuratrip.com


鎌倉殿の13人
大江広元 三善康信 中原親能 二階堂行政
八田知家 比企能員 安達盛長 足立遠元 梶原景時
三浦義澄 和田義盛 北条時政 北条義時